コストベラ

Kostbera[13]

原典版

登場する文献と役割

ニヴルング族の殺戮

グリーンランドのアトリの詩

  • 単にBera[13](ベラ)とも表記される。ヘグニの妻。思慮分別のすぐれた女で、賢く、ルーネに通じていた。ヘグニの妹が彫ってよこしたルーネを解釈したところ、何者かの手が入って内容が混乱しているが、アトリのところに出かけたら死ぬという警告が書いてあるように読み取れた。またその夜不穏な夢も見たため、ヘグニにそのことを注意したが、ヘグニは邪推だといって心配しなかった。彼女の二人の息子と兄がヘグニらに同行したが、アトリとの戦いで討たれた[1]

参考文献

公開日:2022/01/28 18:32:09

最終更新日:2022/03/09 13:10:21

カテゴリー: 人名