アース神族しんぞく

【単】Áss[1][3](アース)
【複】Æsir[1][3](エーシル)[3] [男][3]
Ásynja 女神 [女][3]

オリジナル版

概要

  • オーディンに率いられる戦いの神。好戦的で、戦死こそが真の栄誉と見なす。一方で、世界を作った創成の神でもある[4]
  • アースガルドに住む

巫女の予言

  • まだ世界が出来上がって間もない頃、イダヴォルに祭壇と神殿と鍛冶場を築き、金と鋏(やっとこ)と道具をこしらえた[1]
  • 将棋に興じる描写もみられる[1]

グリームニルの歌

主神、あるいは最高神

裁き手となる十二名のアース神[2]

  • トール
  • ニヨルド
  • フレイ
  • テュール
  • ヘイムダル
  • ブラギ
  • ヴィーダル
  • ヴァーリ
  • ウル
  • ヘーニル
  • フォルセティ
  • ロキ

代表的なアースの女神[2]

  • フリッグ
  • フレイヤ
  • ゲヴュン
  • イドゥン
  • ゲルド
  • シギュン
  • フッラ
  • ナンナ
  • ása[9] アースの
  • Æsirという語は、一世紀末にローマ皇帝ドミティアーヌスをうち破ったゴート人達が「Ansis(半神たち)」と呼ばれたことにまで遡る:ヨルダネス[4]
  • ássという言葉は古英語ではōs(神)という形で借用され、人名のオズワルドOswald(神の力)やオズボーンOsborne(神の熊)、地名のオスローOslo(神の牧草地?)などに残っている[3]

ássと語源的に近い言葉

  • asu- サンスクリット語で「生命」「生命力」「呼吸」「肉体を脱した魂」「霊」「無意識状態での生」「死後の生」など[4]
  • asura- サンスクリット語で「神」「権利者」[4]
  • añhu ゾロアスター教聖典ゼンド・アヴェスタに記載[4]
  • ahura ゼンド・アヴェスタに記載。「神」「権利者」[4]
  • ansu- ゲルマン語で「風の神」「精霊」[4]
  • anima ラテン語で「魂」[4]
  • usanan ゴート語で「息を吐く」[4]

コミック版

主神オーディンに率いられる戦いの神々の総称。
巨人族から帰化した者も多く含まれる、多種族混合部族。

公開日:2018/02/14

最終更新日:2019/06/04

カテゴリー: 種族