アトリ

Atli[3][9][13](アトリ[1][2][3]) [男][3]

原典版

概要

  • Hun族の王。Guðrúnの夫となる。Attila、Etzelとも[3]
  • 有名なフン族の王アッチラがモデルになっている。453年ゲルマン人の娘イルディコを妻にしたが、婚礼の夜、血を吐いて死んだ。そののち、妻イルディコが夫の復讐を遂げたという話が創作された。その話の中でイルディコはギューキ一族グンダハリ(グンナルのモデルとなった人物)の妹グズルーンにされ、兄の復讐のためアトリを殺したことになっているが、実際には両者の間には歴史上の関わりは無い[1]
  • 鳥の言葉が理解できる[1]

登場する文献と役割

フンディング殺しのヘルギの歌Ⅰ

ヒョルヴァルズの子ヘルギの歌

シグルズの歌 断片

グズルーンの歌Ⅰ

シグルズの短い歌

ニヴルング族の殺戮

グズルーンの歌Ⅱ

グズルーンの歌Ⅲ

オッドルーンの歎き

グリーンランドのアトリの歌

グリーンランドのアトリの詩

グズルーンの扇動

ハムジルの歌

詩語法

ケニング

アトリの名に関連するケニング

    オッドルーンを表すケニング
    • Atla systir[13] アトリの妹[1] (systir 姉妹)[3]

参考文献

公開日:2020/01/23 14:28:26

最終更新日:2022/07/21 15:47:03

カテゴリー: 人名

タグ: