フォルセティ

Forseti[9][12][13]

原典版

登場する文献と役割

ギュルヴィたぶらかし

  • バルドルナンナの間に生まれた子。グリトニルという館を天にもっている。何かもめ事をもって彼のところにやってくる者は、一人残らず和解して帰っていく[1]

詩語法

参考文献

公開日:2020/09/28 15:34:43

最終更新日:2021/08/28 17:44:45

カテゴリー: 人名