ノルン

Norn
【複】nornir[13][12] ノルニル[1]

原典版

巫女の予言

  • 八節(あるいは十節)にある「ヨトゥンヘイムから凶暴な巨人の娘らが三人やってくるまでは」の巨人の娘らとは、運命の三女神であるウルドヴェルダンディスクルドのことであるという説がある。つまり、この節は『神々であっても逆らうことは出来ない運命の定めにより、神々の幸福な時代は終わりを告げた』という意味に解釈できる[1]

フンディング殺しのヘルギの歌Ⅰ

  • ヘルギががブラールンドで生まれた際やってきて、彼が名だたる君主となりならびなき王と仰がれるように決めた[1]

フンディング殺しのヘルギの歌Ⅱ

ギュルヴィたぶらかし

  • 人間や神族、妖精族、小人族などの様々なものたちの運命や寿命を決める運命の女神たち。ウルズヴェルザンディスクルドの他にも多くのノルニルがいて、人が生まれると必ずやってきて寿命を決める。生まれの良い善良なノルニルはよい運命を下し、悪いノルニルは悪い運命を下す[1]
  • ウルズの泉のほとりに住むノルニルは毎日泉から水を汲み、トネリコ(ユグドラシル)に注いで、枝が枯れたり腐ったりしないようにしている[1]

新釈北欧神話版

予言能力を持つ、巨人族巫女三姉妹。
オーディンに様々な運命を告げる。
左が長姉のウルド、中央が次姉のヴェルダンディ、右が末妹のスクルド

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)

用語を元ネタに用いた作品の一例