グズルーン

Guðrún[9][13]
 ― guð[3] 神(キリスト教の)[3] [男][3]
 ― rúnar[3] 知恵、秘密、ルーン文字[3]

原典版

概要

  • 有名なフン族の王アッチラに嫁いだゲルマン人の娘イルディコがモデルになっている。二人の婚礼の夜、アッチラは血を吐いて死んだが、そののち、妻イルディコが夫の復讐を遂げたという話が創作された。その話の中でイルディコはギューキ一族グンダハリ(グンナルのモデルとなった人物)の妹グズルーンにされ、兄の復讐のためアトリ(アッチラ)を殺したことになっているが、実際には両者の間には歴史上の関わりは無い[1]

登場する文献と役割

ヒュンドラの歌

詩語法

参考文献

公開日:2019/05/02

最終更新日:2020/09/16

カテゴリー: 人名