グズルーン

Guðrún[9]
 ― guð[3] 神(キリスト教の)[3] [男][3]
 ― rúnar[3] 知恵、秘密、ルーン文字[3]

原典版

登場する文献と役割

詩語法

  • ギューキ王グリームヒルドの間の娘。シグルドの妻となり、シグムンドスヴァンヒルドという二人の子をもうけた[2]
  • ブリュンヒルドとどちらが立派な夫をもっているかを言い争った際、シグルドがグンナルの影武者として炎をこえてブリュンヒルドと床を共にしたことをばらした[2]
  • ブリュンヒルドがシグルドを殺害した後、ブリュンヒルドの兄王であるアトリに嫁ぎ、子をもうけた。アトリがグンナルとホグニを殺害した後、アトリとの間の二人の息子を殺して頭蓋骨から金と銀で酒器をつくらせ、グンナルとホグニの葬儀の宴においてその酒器に子供達の血を混ぜ、アトリに蜜酒を飲ませた。さらに子供達の心臓をあぶってアトリに食べさせた後、眠ったアトリをホグニの子と共に襲って殺害し、広間に火を放ち、宴会に参加していた人々を殺害した[2]
  • アトリを殺害したあと海に身投げするが、海を漂いヨーナクル王の国に漂着し、王の妻に迎えられ、王との間にソルリ、ハムジル、エルプという三人の息子をもうけた[2]
  • スヴァンヒルドヨルムンレク王に殺害されたため、ソルリ、ハムジル、エルプにどんな鉄も通らないほど強い鎧と兜と助言を与えて復讐に向かわせた[2]

参考文献

  • [2] 谷口幸男(1983)「スノリ『エッダ』「詩語法」訳注」『広島大学文学部紀要』(特輯号第43巻3号)p.1~122,広島大学文学部
  • [3] 下宮忠雄・金子貞雄(2006)『古アイスランド語入門―序説・文法・テキスト・訳注・語彙』大学書林
  • [9] Guðni Jónsson (ed.), Eddukvaeði,Íslendingasagnaútgáfan (1954) (http://www.heimskringla.no/wiki/Skáldskaparmál)2018年3月30日アクセス.

公開日:2019/05/02

最終更新日:2020/01/23

カテゴリー: 人名