スカディ(スカジ)

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

ケニング

参考文献

用語を元ネタに用いた作品の一例


※当記事には『新釈北欧神話』におけるネタバレが反転して記載されています


Skaði[9][12]、Scaði[1][13] 傷つくる者[1]

原典版

概要

  • 巨人の名[1]
  • フレイの母親[1]
  • 父の死後決して笑うことはないだろうというスカジを笑わせるため、ロキが睾丸を山羊の髭に結びつけて引っ張り合い、スカジはついに笑ってしまう。その後オーディンがスカジを喜ばせるためにシアチの両目を天に投げ、それが二つの星になったとされる[1]

グリームニルの歌

スキールニルの旅

  • フレイの召使いスキールニルに、息子のフレイがなぜ腹を立てているのかを聞き出すように命じた[1]
     ― 訳注:シーモンズおよびゲーリングによれば、この場面でスカジが出てくるのは文脈的に合わない[1]
     ― 管理人注:ニヨルドはスカジと結婚したため、フレイとの関係性自体は間違ってはいない

ロキの口論

ヒュンドラの歌

  • シヤチの娘。飾り好きのスカディと言われる[1]

ギュルヴィたぶらかし

詩語法

  • 神の花嫁[2] [9]-13.(59)
  • öndurgoð[12](アンドルグズ[1]) スキーの神[1] (guð 神(キリスト教の) [男])[3]
  • öndurdís[12](アンドルディース[1]) スキーの女神[1][2] (dís[9] 女予言者[2]

用語を元ネタに用いた作品の一例