ヘル(ヘルヘイム)

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

参考文献

用語を元ネタに用いた作品の一例


Hel[1][3][13] 隠すもの[1] [女][3]

原典版

概要

  • 地獄[3]
  • 地下にある死者の国。冥府。湿っぽく、冷たい、霧のかかった場所とされる。ヘルという死の女神が支配している[1]
  • ギョル川が回りに流れ、ヘルへ渡るには橋を通らなければならない[1]
  • また、近くをレイプトという川が流れる[1]
  • 元来死者はすべてヘルへと行くことになっていたが、ヴァルホルのイメージが定着してからは老衰と病気で死んだもののみが行く場所となり、さらにキリスト教の影響でその名は地獄の意味を帯びるようになった[1]

巫女の予言

  • ヘルにある館には煤で赤茶けた雄鶏がいて、ラグナロクのおりに鳴いて知らせる[1]

スキールニルの旅

ロキの口論

ギュルヴィたぶらかし

バルドルの夢


用語を元ネタに用いた作品の一例