アウドフムラ(アウズフムラ)

Auðhumlra
 ― auðr 富、金製の調度 [男][3]

オリジナル版

登場する文献と役割

ギュルヴィたぶらかし

  • 時の初めのギンヌンガガプにて、ニヴルヘイムからの冷気とムスペルスヘイムからの熱気がぶつかってできた雫から、ユミルの次に生まれた牝牛[1]
  • 乳首から四つの乳の川が流れ出て、ユミルを養った[1]
  • この牛が塩辛い霜で覆われた石を舐めたところ、一日目の夕方には人間の髪の毛が、二日目には人間の頭が、三日目には人間全体が現れた。この人間の名はブーリという[1]

参考文献

公開日:2018/02/14

最終更新日:2019/10/23

カテゴリー: 動物