ドヴァリン

Dvalinn[1][9][13] ためらわせるもの[1]、ためらう者[1]

原典版

登場する文献と役割

巫女の予言

  • 小人の名。小人たちの系譜はドヴァリンの群にまで遡れる[1]

オーディンの箴言しんげん

グリームニルの歌

アルヴィースの歌

  • 小人たちの間では、太陽をDvalins leika[9](ドヴァリンスレイカ[1] 小人の友[2] 小人をしいたげるもの[1])と呼ぶ[1] (illa leikinn いじめられて)[3]

詩語法

  • 鹿の名前[2]
  • 人物の名前。モーズニルという馬に乗る[2]

参考文献

公開日:2019/11/30

最終更新日:2020/01/29

カテゴリー: 人名 動物