ヴィンゴールヴ

Vingólf[12][14]
[1]では「ヴィーンゴールヴ」という読みで記載があるが、原文では「í」でなく「i」のためヴンゴールヴの読みがより正しいと判断した

原典版

登場する文献と役割

ギュルヴィたぶらかし

  • 礼節をわきまえた良い人間は(死後、)全てギムレー、(あるいはヴィンゴールヴ)で、神々と共に暮らすと言われている[1]
    [12]には「あるいはヴィンゴールヴ(eða Vingólf)」の記述なし。[14]には記述あり。)
  • 女神たちの神殿で、すこぶる美しい[1]
  • 戦死者たちはオーディンによってヴァルハラとヴィンゴールヴに送られ、エインヘルヤルと呼ばれる存在になる[1]

参考文献


新釈北欧神話版

第一章

ヴィード川の河口付近にある、アースガルド第三の集落の名。
オーディンらの西方遠征の際に新しく作られた。
普段は近隣の集落・ヴァルホルと共に、リンドによって守護されている。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)

用語を元ネタに用いた作品の一例

ゲーム作品