ヴァーラスキャールヴ

Válasciálf[13]

原典版

概要

登場する文献と役割

グリームニルの歌

  • 神々が館を銀で葺いた住居[1]
  • 昔、アース神がはかりごとで手に入れた[1]

参考文献

  • [1] 谷口幸男(1973)『エッダ―古代北欧歌謡集』新潮社
  • [13] Gustav Neckel(1983)『Edda. Die Lieder des Codex regius nebst verwandten Denkmaelern 01. Text』Universitaetsverlag Winter; 5., verbesserte Auflage.

コミック版

第一章

オーディンらが新世界に初めて造った集落の名。
付近に棲む野生の人間らと共に、100人程度の神々が牧歌的な生活を送っている。
巨人族集落を追われてきた者達の帰化などにより徐々に人口が増えつつある。

公開日:2019/02/03

最終更新日:2020/01/02

カテゴリー: 地名