フノス

※当記事には『新釈北欧神話』におけるネタバレが反転して記載されています


Hnoss[12][22](フノス[1][2]

原典版

登場する文献と役割

ギュルヴィたぶらかし

  • フレイヤオーズとの間に生まれた娘の名。たいそう美しいため、美しくて立派な者は彼女の名にちなんで「hnossir[12](フノス)」と呼ばれている。[1]

詩語法

  • フレイヤオーズの間の子。随所にて、フレイヤの子(=フノス)は宝のケニングとなっている[2]

ケニング

フノスの名に関連するケニング

    フレイヤを表すケニング
    • móður Hnossar[9] フノスの母[2] (móðir 母 [女] 英語のmotherに相当)[3] [9]-28.

参考文献

公開日:2021/09/08 15:48:39

最終更新日:2022/08/13 18:38:16

カテゴリー: 人名

タグ: