ブレイダブリク(ブレイザブリク)

Breiðablic[1][13] 幅広き輝き[1]
 ― breiðr[3] 広い[3]
 ― blíkja[3] 輝く[3]

原典版

登場する文献と役割

グリームニルの歌

  • バルドルが自らの館を建てた場所。災いがない地といわれる[1]

参考文献

  • [1] 谷口幸男(1973)『エッダ―古代北欧歌謡集』新潮社
  • [3] 下宮忠雄・金子貞雄(2006)『古アイスランド語入門―序説・文法・テキスト・訳注・語彙』大学書林
  • [13] Gustav Neckel(1983)『Edda. Die Lieder des Codex regius nebst verwandten Denkmaelern 01. Text』Universitaetsverlag Winter; 5., verbesserte Auflage.

コミック版

第一章

ブレイダブルンのほとりにある集落の名。
かつてならず者の巨人族らが砦を構えていたが、オーディンらの西方遠征により壊滅し、跡地に新しく集落が建造された。下流地帯とフェンサリルを繋ぐ交通の要衝となっている。

公開日:2019/06/10

最終更新日:2019/11/30

カテゴリー: 地名