アールヴヘイム(アルフヘイム)

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

参考文献

新釈北欧神話版


Álfheimr[12]、Álfheim[13](アールヴヘイム[1]、アルフヘイム[15]
 ― álfr[1] 妖精[1][3] [男][3]
 ― heimr[3] 国、世界[3] [男][3] (英語のhomeに相当)[3]

原典版

グリームニルの歌

  • フレイの歯の贈り物として神々が贈ったところ[1]

ギュルヴィたぶらかし

参考文献


新釈北欧神話版

第一章

不老をもたらす黄金のリンゴ妖精が生育する原初の島の名。
霧けぶる巨大な湖に浮かび、特別な手段をもってしか島にたどり着くことはできない。
アース神族によって独占管理され、その国力を支える最重要戦略拠点として秘匿防衛されている。

新釈北欧神話での登場エピソード一覧(Amazonに飛びます)