ヨルド(ヨルズ、イェルズ)

jǫrð[3]、Iorð[13] 地[3]、大地[2][3] [女][3] (英語のEarth、ドイツ語のErdeに相当)[3]

原典版

概要

  • オーディンの妻
  • 大地の女神、トールの母[3]
  • 大地そのものが擬人化された存在。転じて、”国[2]”の意味で表されることもある

ハールバルズの歌

  • Grund[3][9] グルンド[2] 大地、緑野[3] [女][3]
  • Hauðr[9] ハウズ[2]
  • Land[3][9] ランド[2] 土地、陸地[3] [中][3]
  • Láð[9] ラーズ[2]
  • Hlöðyn[9]、Hlóðyn[3] フロージュン[1] [2] [女][3]
  • Frón[9] フローン[2]
  • Fjörgyn[9]、Frǫrgyn[3]、Fiorgyn[13] フィヨルギュン[1] [2] [女][3] (リトアニア語Perkúnas(樫の木の神)、インド語のParjanaに関連)[3]

アルヴィースの歌

  • iorð[13] イェルズ[1] 大地[1] :人間たちの間での呼び方[1]
  • fold[3][9][13] フォルド[2] 大地[3] 原[1] [女][3] :アース神の間での呼び方[1]
  • vegr ヴェグ[1] 道[1] :ヴァン神たちの間での呼び方[1]
  • ígrœn[13] イーグレーン[1] 緑なるもの[1] :巨人たちの間での呼び方[1] (í …の中に [前])[3](grœn 緑の [形])[3]
  • gróandi[13] グローアンディ[1] 緑なすもの[1] :小人たちの間での呼び方[1]
  • aur[13] アウル[1] 砂地[1] :天の神々の間での呼び方[1] (aurr 砂)[3]

擬人化された大地(ヨルド)を表すケニング

大地そのものを表すケニング

  • 海にとり囲まれし嵐の杯の底[2]
  • Ymis hold[9] ユミルの肉[2]
     ― ユミルの身体から世界が作られたことに由来
  • gólf veðra hallar[9] 風の館の床[2] (Veðr 天気、風 [中] 英語のweatherに相当)[3](hallar hǫll(館)の属格)[3]
  • botn veðra hallar[9] 風の館の底[2]
  • sjár dýranna[9] 獣たちの海[2] (dýr 鹿、動物 [中])[3]
  • おお鹿の海[2]

大地(ヨルド)に関連するケニング

    トールを表すケニング

    • son Óðins ok Jarðar[9] オーディンとヨルズの子[2] (sonr 息子)[3]
    • mögr Hlóðynjar[3] フロージュンの息子 (mǫgr 息子 [男])[3]
    • Fjörgynjar burr[3] フィヨルギュンの息子 (burr 息子 [男])[3]

    楯を表すケニング

    • baugjörð[9] 腕輪の地[2]

    海を表すケニング

    • hvaljord[10] 鯨の国[10]
    • jarðar gjorð[10] 大地をとり巻く帯[10]

    心臓を表すケニング

    • jörð hugarins[9] 心の大地[2] (hugr 心、勇気、感覚 [男])[3]

    手を表すケニング

    • jörð vápna[9] 武器の大地[2]
    • jörð hlífa[9] 楯の大地[2]
    • lófa jörð[9] 手のひらの大地[2]
    • hreifa jörð[9] 拳の大地[2]
    • gullhringa jörð[9] 指輪の大地[2] (gull 金、黄金 [中] 英語のgoldに相当)[3](hringr 指輪、腕輪 [男] 英語のringに相当)[3]
    • hauks jörð[9] 鷹の大地[2]

    天を表すケニング

    • hús jarðar[9] 大地の家[2] (hús 家 [中] 英語のhouseに相当)[3]
    • hjálmr jarðar[9] 大地の兜[2]

    キリストを表すケニング

    • skapara jarðar[9] 地の創造者[2] (skapa 創造する)[3]
  • Jarðar ヨルドの

新釈北欧神話版

オーディンの妻。大地の巨人族アース神族
強い力を持ち、明朗快活で好戦的な性格をしている。
オーディンとの間に男神トールをもうける。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)

公開日:2018/03/26

最終更新日:2020/06/08

カテゴリー: 人名