ボルグニー

Borgný[13]

原典版

登場する文献と役割

オッドルーンの歎き

  • ヘイズレクの娘。フンの国に住む。ヴィルムンドという恋人がおり、五年の間ベッドをともにしていたが、父にそのことを隠していた。急に病気になったため(訳注:異常に出産が長引いた)、オッドルーンが彼女のもとにやってきて、呪文を唱えたところ、女の子と男の子、ヘグニ殺しの可愛い子供を出産することができた[1]

ケニング

  • 蛇の臥床ふしど(=黄金)の女[1]

参考文献