ヨトゥンヘイム(ヨーツンヘイム)

Jǫtunheimr[3]、Iotunheimr[13] 巨人の国[3] [男][3]
 ― jǫtunn[3] 巨人[3] [男][3]
 ― heimr[3] 国、世界[3] [男][3] (英語のhomeに相当)[3]

原典版

概要

巫女の予言

  • 世界が出来て間もなく、ヨトゥンヘイムから凶暴な巨人の娘らが三人やってきたことでアース神たちの平和は終わりを告げた[1]

スキールニルの旅

  • ヨトゥンヘイムにはギュミルの庭があり、そこにゲルドという美しい娘の部屋がある[1]

スリュムの歌

詩語法

  • Jötunheima[9] ヨトゥンヘイムへ[2]
  • ノルウェーにjotunheimという山岳地帯がある[3]

新釈北欧神話版

ユミルの血の洪水によって創造された新世界に現れた新しい大地のなかで、アース神族に属しない巨人族達の住まう領域のこと。
ここでは多数の部族に分かれた巨人族たちが、利を求めて日々争い合っている。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)

公開日:2019/04/21

最終更新日:2020/06/08

カテゴリー: 地名