エッダ

巫女の予言[1]

  • Vǫlospá[3][13] 巫女の予言[3] [女][3] (vǫlva 巫女、杖(vǫlr)をもって歩く者 [女])[3](spá 予言 [女])[3]
  • 古エッダ中の最重要詩篇で、天地創造から宇宙壊滅までが語られる[3]

オーディンの箴言しんげん[1]

  • Hávamál[3][13] ハーヴァマール[3] the words of the High One[3] [中][3] (Hávi オーディンの別名。高き者の意)(mál ことば、事柄、契約 [中])[3]
  • 古エッダの中の箴言しんげん集で、古代ゲルマン民族の精神・風俗・習慣を記した詩集[3]
  • オーディンが詩人ロッドファーヴニルに対して様々な忠告を行うというていで、生活の知恵や処世術、ルーンの秘密などを紹介する。

ヴァフズルーズニルの歌[1]

  • Vafðrúðnismál[3][13] (mál ことば、事柄、契約 [中])[3]
  • 物識り巨人ヴァフズルードニルとオーディンが知恵比べをするというていで、様々な世界の知識を紹介する。

グリームニルの歌[1]

スキールニルの歌[1]


ハールバルズの歌[1]


ヒュミルの歌[1]


ロキの口論[1]


スリュムの歌[1]


ヴェルンドの歌[1]

アルヴィースの歌[1]

  • Alvíssmál[13] (mál ことば、事柄、契約 [中])[3]
  • トールアルヴィースの知恵比べというていで、様々な種族における様々な物事の呼び名を紹介する

フンディング殺しのヘルギの歌Ⅰ[1]

  • Helgaqviða Hundingsbana in fyrri[13] (bani 殺害者、死 [男])[3]

ヒョルヴァルズの子ヘルギの歌[1]


フンディング殺しのヘルギの歌Ⅱ[1]


シンフィエトリの死について[1]


グリービルの予言[1]


レギンの歌[1]


ファーヴニルの歌[1]


シグルドリーヴァの歌[1]


(欠損)

シグルドの歌(一部欠損)[1]


グズルーンの歌Ⅰ[1]


シグルドの短い歌[1]


ブリュンヒルドの冥府への旅[1]


ニヴルング族の殺戮[1]


グズルーンの歌Ⅱ[1]


グズルーンの歌Ⅲ[1]


オッドルーンの嘆き[1]


グリーンランドのアトリの歌[1]


グリーンランドのアトリの詩[1]


グズルーンの扇動[1]


ハムジルの歌[1]

  • 谷口幸男(1973)『エッダ―古代北欧歌謡集』新潮社 :王の写本収録の古エッダ31篇の日本語完訳が記載。小エッダ、新エッダの一部の日本語訳も記載。
  • [1] 谷口幸男(1973)『エッダ―古代北欧歌謡集』新潮社
  • [3] 下宮忠雄・金子貞雄(2006)『古アイスランド語入門―序説・文法・テキスト・訳注・語彙』大学書林
  • [13] Gustav Neckel(1983)『Edda. Die Lieder des Codex regius nebst verwandten Denkmaelern 01. Text』Universitaetsverlag Winter; 5., verbesserte Auflage.