アース神族しんぞく

※当記事には『新釈北欧神話』におけるネタバレが反転して記載されています


【単】Áss[1][3] アース[2]、アース神[1][2]、エーシル神族の神[3] [男][3]
【複】Æsir[1][3][13] エーシル[6]、エーシル神族[3]
Ásynja[3] 女神[3] [女][3]

※文献によってまれに「ア神族[15]」と表記されることもあるが、原文表記は「Áss[1][3]」であるため、「アス神族[1][2]」と表記する方が本来の古ノルド語の発音に近い

原典版

概要

  • オーディンに率いられる戦いの神。好戦的で、戦死こそが真の栄誉と見なす。一方で、世界を作った創成の神でもある[4]
  • ヴァンル神と争い、取り込んだ[4][1]
  • 農耕文化に属する古い土着のヴァンル神信仰が、外来の新しく好戦的なアース神族信仰によって征服されたことを意味する、と解釈されている[4]
  • アース神族とヴァンル神の和解は、ニョルズとその子フレイフレイヤがアース神族の中に迎え入れられることにより成り立った[1]

巫女の予言

  • まだ世界が出来上がって間もない頃、イザヴェルに祭壇と神殿と鍛冶場を築き、金とやっとこと道具をこしらえた[1]
  • 将棋に興じる描写もみられる[1]
  • ヴァンル神と、この世で最初のものとなる戦を繰り広げた。その際、アース神族の城壁が破られる[1]
  • アース神が巨人との間に交わした誓い、約束、誓約、すべての固い取り決めを破った(ことにより、世界の破滅を自ら招く。)[1]

オーディンの箴言しんげん

ヴァフズルーズニルの歌

グリームニルの歌

ファーヴニルの歌

シグルドリーヴァの歌

ヒュンドラの歌

  • バルドルが死の丘で倒れたとき、十一人のアース神が数えられた[1] (管理人注:主要なアース神は十二名数えられるため、バルドルの死により一名減ったということを表す)

スノリのエッダ 序文

  • 世界の東側に位置するアーシアーと呼ばれる場所にエーシルと呼ばれる人間たちが住んでおり、あらゆる恵みと知恵と力と美と、あらゆる種類の能力に恵まれており、人間よりも神々に似ていると考えられていた[6]
  • エーシルたちはオーディンによって北方の国々、ノルウェー、スウェーデンデンマーク、サクスランドに広く進出して各地を支配したため、彼らの言語がこれらの地域の母国語となった(イングランドには進出しなかった為、この地域にはエーシルの言語が母国語として伝わっていないとされる)[6]

ギュルヴィたぶらかし

詩語法

アース神族に関連するケニング

    オーディンを表すケニング
    ヘーニルを表すケニング
    • skjóta ás[9] 敏速なアース[2] (skjótr 早い(速度が) [形])[3](skjótt 早く、まもなく [副])[3]
    ロキを表すケニング
    • vársinna ása[9] アースの春の友[2]
    • sessa ása[9] アースの食卓仲間[2]
    • slægi áss[9] ずるいアース[2] [9]-23.
    • bundni áss[9] 縛られたアース[2] [9]-23.
    テュールを表すケニング
    • einhenda ás[9] 片手のアース[2] (ein 1、一人で [数])[3] [9]-16.
    ヘイムダルを表すケニング
    • hvíta ás[9] 白いアース[2] (hvítr 白い [形] 英語のwhiteに相当)[3]
    ヴィーダルを表すケニング
    • bróður ásanna[9] アースの兄弟 (bróðir 兄弟 [男] 英語のbrotherに相当)[3]
    • þögla ás[9] 無口のアース[2] (þǫgn 沈黙、静寂 [女])[3]
    • hefniás goðanna[9] 神々の復讐のアース[2] (hefna 復讐する)[3](guð 神(キリスト教の) [男])[3]
    ヴァーリを表すケニング
    • bróður ásanna[9] アースの兄弟
    • hefniás Baldrs[9] バルドルの復讐のアース[2] (hefna 復讐する)[3] [9]-19.
    ウルを表すケニング
    • öndurás[9] スキーのアース[2]
    • bogaás[9] 弓のアース[2]
    • veiðiás[9] 狩のアース[2] (veiða 狩る)[3]
    • skjaldarás[9] 楯のアース[2] (skjǫldr 楯 英語のshieldに相当)[3]
    ホドを表すケニング
    • blinda ás[9] 盲目のアース[2] (blindr 盲目)[1] [9]-20.
    フリッグを表すケニング
    • dróttning ása[9] アースの女王[2] (dróttning 女王、王妃 [女])[3]
    • dróttning ásynja[9] アースの女神の女王[2]
    黄金を表すケニング
    詩(詩の蜜酒)を表すケニング
    • ása mjöð[[9] アースの蜜酒[2] (mjǫðr 蜜酒(北欧神話の飲み物。ギリシア神話のnectarにあたる) [男])[3]
    • drykk ásanna[9] アース神の飲物[2] (drykkja 飲むこと、一気飲み [女])[3]
    リンゴを表すケニング
    • アースの長寿の贈物[2]
  • ása[9] アースの
  • Æsirという語は、一世紀末にローマ皇帝ドミティアーヌスをうち破ったゴート人達が「Ansis(半神たち)」と呼ばれたことにまで遡る:ヨルダネス[4]
  • ássという言葉は古英語ではōs(神)という形で借用され、人名のオズワルドOswald(神の力)やオズボーンOsborne(神の熊)、地名のオスローOslo(神の牧草地?)などに残っている[3]
  • ásmegin[12] 神力[1] トールが腰に装備している力帯をしめると神力が湧くという[1] (megin 力 [中])[3]
  • ásmóði[9] アースの怒り[2] (móðr 怒り、勇気 [男])[3] :用例『アースの怒りにかられたトール[2]

ássと語源的に近い言葉

  • asu- サンスクリット語で「生命」「生命力」「呼吸」「肉体を脱した魂」「霊」「無意識状態での生」「死後の生」など[4]
  • asura- サンスクリット語で「神」「権利者」[4]
  • añhu ゾロアスター教聖典ゼンド・アヴェスタに記載[4]
  • ahura ゼンド・アヴェスタに記載。「神」「権利者」[4]
  • ansu- ゲルマン語で「風の神」「精霊」[4]
  • anima ラテン語で「魂」[4]
  • usanan ゴート語で「息を吐く」[4]

新釈北欧神話版

主神オーディンに率いられる神々の総称。巨人族から帰化した者も多く含まれる。
もともと、巨人族集落を追われた力の弱い者たちが逃れる受け皿となっていた側面もあり、巨人族に比べると個々人の力は弱い傾向にある。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)