フリッグ

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

所有物

別名

ケニング

語源・関連語

参考文献


Frigg[1][3][9][12][13] 愛[1] [女][3]

原典版

概要

  • 女神の中で最高位を占める[1]
  • 愛と結婚の神[1]
  • 大地と結婚と愛の女神[3]
  • ギリシア神話のAphrodītē、ローマ神話のVenusにあたる[3]

ヴァフズルードニルの歌

グリームニルの歌

  • アグナルゲイルロドが二人で釣りに行った際に船が難破し、小作人の男に拾われ、その妻の養子になった。実はこの小作人の男の妻の正体はフリッグだった[1]
  • その後、兄弟のどちらが優れているかをオーディンと言い合った[1]
  • 召使いにフッラがいる[1]

ロキの口論

  • エーギルが開催した酒宴に参加する[1]
  • フィヨルギュンの娘[1]
  • 先の運命が分かる[1]

序文

ギュルヴィたぶらかし

詩語法


フリッグの名に関連するケニング

    ヨルドを表すケニング
    • elju Friggjar[9] フリッグのライバル[2]
  • frjá[3] 愛する[3]
  • priyá-[3] インド・ゲルマン諸語で、『愛された』の意味[3]

公開日:2020/03/04 15:27:02

最終更新日:2021/09/09 11:04:46

カテゴリー: 人名

タグ: