アスク

Askr[1][3] 梣(トネリコ)[1]、トネリコの木(神聖な樹木)[3] [男][3]

原典版

概要

  • 人類最初の男[3]

登場する文献と役割

巫女の予言

ギュルヴィたぶらかし

  • ボルの息子たち(オーディンら)が海岸を歩いているときに二つの木を見つけ、最初の神(オーディン)が息と生命を与え、二番目の神(ヴィリ)が知恵と運動を、三番目の神(ヴェー)が顔とことばと耳と眼を与え、男はアスク、女はエムブラと名付けられた。この二人からミズガルズに住む人類が生まれた[1]

参考文献

公開日:2018/07/29 23:25:53

最終更新日:2021/03/20 17:53:45

カテゴリー: 人名