フリズスキャールヴ

Hliðskjálf[12]、Hliðsciálf[13]

原典版

概要

登場する文献と役割

グリームニルの歌

スキールニルの旅

ギュルヴィたぶらかし

ケニング

フリズスキャールヴに関連するケニング

    オーディンを表すケニング
    • フリズスキャールヴの王[2]

参考文献


新釈北欧神話版

第一章

アースガルドの第一の集落ヴァーラスキャールヴに造られた神殿。
有事の際の防衛施設も兼ねる。
ヘーニルが設計・建築を手がけた。
神殿の工事は、労働力として人間を大規模に使役した初めてのケースとなった。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)