エイストラ

Eistla[13]

原典版

登場する文献と役割

ヒュンドラの歌

  • 誉れの高い者を生んだ九人の女巨人のうちの一人
    [1]では三十七節で、
    Hann彼(誉れの高い者)は Giálpギャールプ um bar生んだ(bera生むの過去単数), Hann彼は Greipグレイプ um bar生んだ, …
    とあるが、
    1. Hannは主格と対格で格変化を起こさないため、「彼は(主格)」あるいは「彼を(対格)」のどちらとも読むことができること
    2. ここで上げられる女巨人の名前がちょうど九人であり、三十五節でいわれる「九人の巨人の娘が(略)生んだ」に内容が合致すること
    3. 列挙されている女巨人の名前がいずれも格変化を起こしておらず、全て主格として書かれていると思われること
    などから、ここは
    Hann彼を Giálpギャールプ um bar生んだ, Hann彼を Greipグレイプ um bar生んだ, …
    とするのが適していると考えられる

参考文献

公開日:2020/10/04 10:23:59

最終更新日:2020/12/03 23:27:43

カテゴリー: 人名

タグ: