トール(ソール)

Þórr[3][9][13] [男][3]

原典版

概要

  • 雷神。オーディンの息子で、後にオーディン以上に民衆に崇拝された[3]
  • 力の神として巨人から神々を守る[1]
  • はじめ、スカンジナヴィアの農民の間でトールが主に崇拝されていた。その後ライン河畔から発したオーディン崇拝が戦士や貴族階級を中心に北に広がり、やがてトールはオーディンの子となった[1]
  • 多くの神殿に単独でまつられ、また地名や人名にトールの名が由来のÞór-から始まる名が多く残されていることから、民衆の間で最も愛された神であると言える[1]Þor、Þórから始まる人名・地名一覧

グリームニルの歌

  • ユグドラシルのところへ判決を下しに行くとき、ケルムト、エルムト、ケルラウグという川を徒渉する[1]
  • 神々が滅びるまでは、スルードヘイムという場所にいるという[1]

ハールバルズの歌

  • 東の国(注:ヨトゥンヘイム)からの帰途にさしかかった瀬戸で、ハールバルズという渡し守に化けたオーディンと言い合いをする[1]
  • 三つのよい屋敷を持っている[1]
     ― (注:この節の前の部分が欠落しており、その三つの屋敷がどこなのかは不明)[1]
  • 戦いで死んだ奴僕の輩はトールのものになる[1]
  • 東の河を守っていたさい、スヴァーラングという巨人の息子たちと戦った[1]
  • フレーセイでは、女のベルセルクを殺した[1]

ロキの口論

  • エーギルアース神のための酒宴を開催したが、その時東方に行っており、宴には参加しなかった[1]

アルヴィースの歌

  • 美しい娘がいる[1]

ヒュンドラの歌

序文

  • トロール(Trór[12])とも呼ばれる[6]
  • トロヤの王ムーノーン(Múnón[12])(メノーン(Mennón[12])とも)と大王プリーアムの娘プローアンの間に生まれた息子。大変容貌が美しく、怪力無双であった[6]
  • ローリークース(Lóríkus[12])という名の公によりトラキーア(Trákíá[12])で育てられたが、ローリークースとその妻ローラ(Lórá[12])(グローラー(Glórá[12])とも)を殺し、トラキーアを我が物とした[6]
  • シヴと呼ばれる女予言者を妻にし、以下の一族をもうけた[6]
    • Lóriði[12] ローリジ[6] トールとシヴの間の息子。トールに似ていた[6]
    • Einridi[12] エインリジ[6] ローリジの子[6]
    • Vingeþórr[12] ヴィングトール[6] エインリジの子[6]
    • Vingener[12] ヴィンゲネルデ[6] ヴィングトールの子[6]
    • Móda[12] モーダ[6] ヴィンゲネルデの子[6]
    • Magi[12] マギ[6] モーダの子[6]
    • Seskef[12] セスケヴ[6] マギの子[6]
    • Beðvig[12] ベズヴィグ[6] セスケヴの子[6]
    • Athra[12] アトラ[6] アナン(Annan[12])とも呼ばれる。ベズヴィグの子[6]
    • Ítrmann[12] イートルマン[6] アトラの子[6]
    • Heremóð[12] ヘレモーズ[6] イートルマンの子[6]
    • Skjaldun[12] スキャルドゥン[6] スキョルド(Skjöld[12])とも。ヘレモーズの子[6]
    • Bjáf[12] ビヤーヴ[6] ビジャール(Bjár[12])とも。スキャルドゥンの子[6]
    • Ját[12] ヤート[6] ビヤーヴの子[6]
    • Guðólfr[12] グゾールヴ[6] ヤートの子[6]
    • Finn[12] フィン[6] グゾールヴの子[6]
    • Fríallaf[12] フリーアラヴ[6] フリズレイヴ(Friðreif[6])とも。フィンの子[6]
    • Vóden[12] ヴォーデン[6] オーディンとも。フリーアラヴの子[6]

ギュルヴィたぶらかし

詩語法

  • Ása-Þórr[12] アーサソール[1] (ása[9] アースの)
  • ヴィーズギュムニル(=jötunn Vimrar vaðs[9] ヴィムルの浅瀬を渡る巨人[2] (jǫtunn 巨人 [男])[3](vaða 歩く、浅瀬を渡る)[3]
     - 巨人ゲイルロズの館へ行く際、ヴィムルという川を渡ったことに由来[2]
  • Vingþórr[1][13] ヴィングトール[1] vingの意味は「武器をふるうもの」の他様々な説がある[1]
  • Hlórriði フロールリジ[1]
  • Véorr[13] ヴェーオル[1]

トールの名に関連するケニング

    ヨルドを表すケニング
    • móður Þórs[9] トールの母[2] (móðir 母 [女] 英語のmotherに相当)[3]
    ウルを表すケニング
    • stjúp Þórs[9] トールのまま子[2]
    ナナカマドを表すケニング
    • トールの救い[2]
       ― ヴィルムという大きな川を渡る際に、トールがナナカマドをつかんで川から上がったことに由来[2]
    ヨルムンガンドを表すケニング
    • 山羊の主(トール)の巨魚[2]
  • Þórs トールの
  • トールの名は英語のthunderに関係する[3]
  • ラテン語dies Jovis(ユピテルの日)がゲルマンの世界ではThursday(トールの日)と訳された[3]

トールの名が由来のÞór-から始まる人名・地名

  • Þorvaldr[3] トルヴァルド[3] :Erik the Redの父。殺害事件に加わり、祖国ノルウェーから追放され、アイスランドに住む[3]
  • Þórsnes ソールスネス[1] ノルウェーの岬の名。フンディング殺しのヘルギの歌Ⅰにその地名が見られる[1]

新釈北欧神話版

オーディンの第三子。大地の女神ヨルドとの間の子。
赤ん坊ながら、強い力を持つようだ。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)

用語を元ネタに用いた作品の一例