ヒュミル

Hymir[13]

原典版

概要

登場する文献と役割

ヒュミルの歌

  • テュールの父。エーリヴァーガルの東の天の縁に住む賢者。白い眉をした美しい妻と、九百の頭を持つ母がいる[1]
  • トールと共に釣りに出かけ、二頭の鯨を同時に釣り上げた[1]
  • 深さ数マイルほどもある巨大な鍋をもっている。トールがその醸造鍋を持って帰ろうとした際、他の怪物たちとともにトールに襲いかかるが、ミョルニルで打ち殺された[1]

ロキの口論

ケニング

参考文献

公開日:2020/09/28 12:50:12

最終更新日:2020/12/03 23:23:18

カテゴリー: 人名

タグ: