ヘイムダル

Heimdallr[3][9][13] 世界の花[3] [男][3]
 ― heimr[3] 国、世界[3] [男][3] 英語のhomeに相当[3]
 ― dallr[3] ギリシア神話のthállōに相当[3]

原典版

概要

巫女の予言

ロキの口論

スリュムの歌

  • アース神のうちでいちばん美しいとされる[1]
  • 他のヴァンル神同様、未来のことがわかる[1]

リーグの歌

  • アース神の一人。この歌ではリーグを名乗り、人間の屋敷を渡り歩いて、奴隷や自由農民(、貴族)の一族が生まれるきっかけとなった[1]
  • 貴族の一族であるヤルルに自らの名を与え、わが子と呼び、ルーンを教え、世襲財産や古い所有地を与えた[1]

詩語法

ギュルヴィたぶらかし

  • hvíti-áss[12](白いアース)とも呼ばれている、偉大で神聖な神。九人姉妹の乙女たちがこの神を男子として産み落とした。歯が黄金からできているため、Hallinskíði[12](ハリンスキージ)とも、Gullintanni[12](グリンタンニ)とも呼ばれている。神々の見張りで、山の巨人らから橋を守るためにビフレストの近くのヒミンビョルグに住む。鳥よりも睡眠を必要とせず、夜でも昼でも100マイル(※約161km。大阪→名古屋より少し先くらい)離れたところまで見え、地面の草の生長する音や羊の毛が伸びる音までももらさず聞き取れる。グルトップという馬をもつ。ギャラルホルンというラッパをもっていて、彼の吹き鳴らす音は世界の隅々まできこえる[1]
  • ヘイムダルの剣はhöfuð manns[14](頭)と呼ばれている[1] (hǫfuð 頭、首 [中] 英語のheadに相当)[3](mann maðr(男、人)の対格)[3]
    ↑の一文は[12]にはなし。[14]にはあり

エッダ、アンマ、モージルの三人の女との間に、それぞれスレール、カルル、ヤルルを生み、それが奴隷、自由農民、貴族の三階級の祖先となった[1]

奴隷の一族

  • 夫:Ái[1] アーイ[1] 曾祖父[1]
  • 妻:Edda[1] エッダ[1] 曾祖母[1]
  • 息子:Þræl[1] スレール[1] 奴隷[1]

  • 夫:スレール[1]
  • 妻:Þír[1] スィール[1] 下女[1] (þirr[9] シール[2] 奴隷を表す男の同義語[2]
  • 息子:
    • Hreimr[1] フレイム[1] 霜でおおわれたもの[1]
    • Fiósnir[1] フィオースニル[1] 牛小舎番[1]
    • Klúrr[1] クルール[1] 鈍重な者[1]
    • Kleggi[1] クレッギ[1] アブ[1]
    • Kefsir[1] ケフシル[1] 内縁の夫[1] (kefsir[9] ケヴシル[2] 奴隷を表す男の同義語[2]
    • Fúlnir[1] フールニル[1] 息の臭い男[1]
    • Drumbr[1] ドルンブ[1] のろま[1]
    • Digraldi[1] ディグラルディ[1] でぶ[1]
    • Drǫttr[1] ドレット[1] 怠け者[1]
    • Hǫsvir[1] ヘスヴィル[1] 灰色のもの[1]
    • Lútr[1] ルート[1] 曲がった者、恥知らず[1] (lúta 身をかがめる)[3]
    • Leggialdi[1] レッギャルディ[1] 足腰のしっかりしたもの[1] (leggr[9] ひかがみ(膝裏のくぼみ)[2]
  • 娘:
    • Drumba[1] ドルンバ[1] のろま[1]
    • Kumba[1] クンバ[1] のろま[1]
    • Øcqvinkálfa[1] エクヴィンカールヴァ[1] 太腿女[1]
    • Arinnefia[1] アリンネヴィア[1] 火吹き女[1]
    • Ysia[1] ユシヤ[1] かしまし女[1]
    • Ambát[1] アムバート[1] 下女[1] (ambátt 下女 [女] ケルト語amb-actos(主人の)まわりを歩き回る者)[3]
    • Eikintiasna[1] エイキンティヤスナ[1] おしゃべり[1]
    • Tǫtrughypia[1] テトルグヒュピヤ[1] おんぼろ[1]
    • Trǫnobeina[1] トレノベイナ[1] 鶴足女[1]
  • 自由農民の一族

  • 夫:Afi[1] アヴィ[1] 祖父[1]
  • 妻:Amma[1] アンマ[1] 祖母[1] (amma[9] 祖母[2] 血縁者を表す女の同義語
  • 息子:Karl[1] カルル[1] 自由農民[1] 北欧やドイツで多い男子名[1]

  • 夫:カルル[1]
  • 妻:Snør[1] スネール[1] 嫁[1] (snör[9] スノル。息子の嫁[2] 血縁者を表す女の同義語
  • 息子:
    • Halr[1] ハル[1] 男[1] (halr 男、人間 [男])[3]
    • Drengr[1] ドレング[1] 若者、戦士[1] (drengr[9] ドレング[2] 優雅な人を表す男の同義語[2])(drengir[9] 自分の世帯をもたない若者の呼び方。有力者や自作農民に仕える者にも使う。勇敢で向上心のある男を呼ぶ[2]
    • Hǫlðr[1] ヘルズ[1] 豪農[1] (hǫldr 勇士 [男])[3](hölðar[9] ホルザル。農民[2] 農民を表す男の同義語[2]
    • Þegn[1] セグン[1] 若者、戦士、家臣[1] (Þegn[9] セグン[2] 馬の同義語)(þegnar[9] セグナル。農民[2] 農民を表す男の同義語[2]
    • Smiðr[1] スミズ[1] 鍛冶屋[1] (smiðr 鍛冶屋 [男] 英語のsmithに相当)[3]
    • Breiðr[1] ブレイズ[1] 大男[1] (breiðr 広い [形] 英語のbroadに相当 関連:人名・地名Bradley)[3]
    • Bóndi[1] ボーンディ[1] 百姓[1]
    • Bundinsceggi[1] ブンディンスケッギ[1] 編みひげの男[1]
    • Búi[1] ブーイ[1] 住民[1] (búa 住む 英語のbeと同根)[3]
    • Boddi[1] ボッディ[1] 住民[1]
    • Brattsceggr[1] ブラットスケッグ[1] 垂れひげ[1]
    • Seggr[1] セッグ[1] 男、戦士、男子[1] (seggir[9] 従者[2]
  • 娘:
    • Snót[1] スノート[1] 賢い女[1] (snótir[9] スノート。ことば巧みな女[2]
    • Brúðr[1] ブルーズ[1] 花嫁、妻[1] (brúðr 花嫁 [女] 英語のbrideに相当)[3]
    • Svanni[1] スヴァンニ[1] 機敏な、賢い女[1] (svinnr 賢い [形])[3]
    • Svarri[1] スヴァリ[1] うるさ女[1]
    • Spracci[1] スプラッキ[1] 女[1]
    • Flióð[1] フリョーズ[1] 女[1]
    • Sprund[1] スプルンド[1] 女[1]
    • Víf[1] ヴィーヴ[1] 女、妻[1]
    • Feima[1] フェイマ[1] 内気な女[1]
    • Ristill[1] リスティル[1] 悍婦かんぷ[1]
  • 貴族の一族

  • 夫:Faðir[1] ファジル[1] 父[1] (faðir 父)[3]
  • 妻:Móðir[1] モージル[1] 母[1] (móðir 母 [女] 英語のmotherに相当)[3]
  • 息子:Iarl[1] ヤルル[1] 候[1] ……リーグから名を与えられ、ルーンを教えられた[1] (jarl 伯 [男])[3]

  • 夫:ヤルル[1]
  • 妻:Erna[1] エルナ[1] しっかりもの、器用な女[1]
  • 息子:
    • Burr[1] ブル[1] 息子[1] (burr 息子 [男])[3]
    • Barn[1] バルン[1] 子供[1] (barn 子供(原義:生まれた者) [中])[3]
    • Ióð[1] イォーズ[1] 子供[1]
    • Aðal[1] アザル[1] 高貴な生まれの者[1]
    • Arfi[1] アルヴィ[1] 相続人、息子[1] (arfr 遺産 [男])[3]
    • Mǫgr[1] メグ[1] 男児、若者[1] (mǫgr 息子 [男])[3]
    • Niðr[1] ニズ[1] 身内[1] (niðr 親族 [男])[3]
    • Niðiungr[1] ニズユング[1] 身内、末裔[1]
    • Sonr[1] ソン[1] 息子[1] (sonr 息子)[3]
    • Sveinn[1] スヴェイン[1] 男児、息子[1] (sveinn 少年、弟子、小僧 [男])[3]
    • Kundr[1] クンド[1] 息子、身内[1]
    • Konr[1] コン[1] 末裔、息子[1] ……末弟。ヤルルとルーンの技を競って勝利し、のちに自らをリーグと称した[1]
    • Vindlér[9] ヴィンドレール[2]
    • Rígr[1] リーグ[1] アイルランド語で王の意[1]
    • Hallinskíði[12] ハリンスキージ[1]
    • Gullintanni[12] グリンタンニ[1] (gull 金、黄金 [中] 英語のgoldに相当)[3]
    • 八と一名の母より生まれし獰猛なる息子[2][10] [9]-23.(64)
    • son níu mæðra[9] 九人の母の子[2] (sonr 息子)[3](níu 9 [数])[3] [9]-15.
       ― ヘイムダルは九人の巨人の娘から生まれたといわれる。この娘というのは波を意味し、ヘイムダルは波間から上ってくる曙光であると解釈されている[1]
    • mensækir Freyju[9] フレイヤの首輪の探し手[2] [9]-15.
    • 神々の道の番人[2][10] [9]-23.(64)
    • hvíta ás[9]、hvíti-áss[12] 白いアース[1][2] (hvítr 白い [形] 英語のwhiteに相当)[3](áss アース神族 [男])[3] [9]-15.

    ヘイムダルの名に関連するケニング

      剣を表すケニング
      • Heimdallar höfuð[9] ヘイムダルの頭[2] (hǫfuð 頭、首 [中] 英語のheadに相当)[3]
      黄金を表すケニング
      • Hallinskíða tennr[10] ヘイムダルの歯[10]
    • Heimdalar[13] ヘイムダルの[1]

    用語を元ネタに用いた作品の一例

    • ペルソナ2 罪 :『ヘイムダル』……太陽のアルカナのペルソナ
    • ペルソナ2 罰 :『ヘイムダル』……太陽のアルカナのペルソナ
    • CODE VEIN :『ヘイムダル』……ジャックの持つブラッドコードの名
    • CODE VEIN :『ヘイルダムクロム』……ジャックからもらえる、武器・牙装の強化アイテム名