シャールヴィ(チャールヴィ、スィアールヴィ)

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

ケニング

参考文献


Þjálfi[9][12]

原典版

概要

ハールバルズの歌

ギュルヴィたぶらかし

  • トールが旅の途中に宿を取った百姓の家の息子の名。レスクヴァの兄。夕食の際、トールの忠告を守らずに山羊の腿の骨をナイフで切り裂き、髄までこじ開けてしまった結果、山羊の一頭がびっこになってしまい、トールの怒りを買う。怒り狂ったトールに命乞いをし、レスクヴァと共にトールの召使となり、東のヨーツンヘイムへの旅に同行した。やがてウートガルズとよばれる城市へたどり着き、その地を治める王ウートガルザ・ロキに一芸を披露するように言われ、皆のうちで一番足早だったスィアールヴィがフギと呼ばれる少年と駆け足の勝負をしたが、三回中三回とも敗北した[1]

詩語法

  • ヴロスカの弟[2] [9]-11.(44)

シャールヴィの名に関連するケニング

    トールを表すケニング
    • dróttinn Þjálfa[9] シャールヴィの主人[2] (dróttinn 主人、領主 [男])[3]

公開日:2020/03/02 19:47:56

最終更新日:2021/10/16 16:26:11

カテゴリー: 人名

タグ: