フルングニル

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

ケニング

参考文献


Hrungnir[9][13](フルングニル[1][2][7]

※文献によってまれに「フルングニー[15]」と表記されることもあるが、原文表記は「Hrungnir[9][13]」であるため、「フルング[1][7]」と表記する方が本来の古ノルド語の発音に近い

原典版

概要

  • 石の頭と心臓をもつ巨人。この巨人トールとの戦は、十世紀の詩人スィヨゾールヴも描いているが、かなり知られた話らしく、『エッダ』のいくつかの箇所にこの名が見える[1]

ハールバルズの歌

グロッティの歌

  • 父共々、とても強かったという[1]

詩語法

  • 巨人たちの中で最も強い巨人。固い石と三つのとがった角をもった心臓を持ち、また頭も石でできていた。持っている槍も石でできており、幅がひろく厚かった。砥石を武器に持ち戦った[2]
  • フルングニルのもつ三つのとがった角をもった心臓にちなみ、「フルングニルの心臓(Hrungnishjarta)[9]」というルーン文字がつくられた[2] (hjarta 心臓)[3]
  • 自身の馬の素晴らしさを自慢してきたオーディンを追いかけ、愛馬グルファクシを駆り、競争の勢いのままアースガルズを訪れる。そこでアース神達の酒宴の席に招かれたが、酒が入ったことで大言壮語を吐いてしまい、トールの激しい怒りを買い、決闘をすることとなる。決闘の場面にて、フルングニルの放った砥石がトールの投げたミョルニルとぶつかり二つに砕けて片方は地面に落ちた。全ての砥石の岩は、そのとき砕けた砥石から出来たと言われる。また、もう片方の砥石はトールの頭に刺さった。そしてフルングニルはトールミョルニルが直撃し死亡した[2]
  • スルーズの奪い手[2] [9]-61.(175)

フルングニルの名に関連するケニング

    トールを表すケニング
    • 巨人フルングニルの脳天割り[2]
    • vegandi Hrungnis[9] フルングニルの殺害者[2] (vega 戦う、撃ち殺す)[3]
    ヒュミルを表すケニング
    • フルングニルの老友[1]
    ミョルニルを表すケニング
    • Hrungnis bana[13] フルングニル殺し[1] (bani 殺害者、死 [男])[3]
    楯を表すケニング
    • fóta Hrungnis[9] フルングニルの足[2] (fótr 足、歩 [男])[3]
    • Ilja blað Hrungnis[9] フルングニルの足裏の葉[2] (il[9] 足の裏[2])
    • スルーズの奪い手の足裏の葉[2] [9]-61.(175)
    • フルングニルの足裏の板[7]
    女巨人を表すケニング
    • tungl sjöt-rungnis[9] 家のフルングニルの月[2] (tungl 月、星 [中])[3](sjöt sjǫt 席、座席 英語のseatに相当) [9]-67.(233)
       ― 管理人注:[9]では「rungnir(ルングニル)」表記だが、[2]では「フルングニル」の記載。