ヨルムンレク(イェルムンレク)

Iormunreccr[13](イェルムンレク[1]、ヨルムンレク[2]

原典版

概要

  • 六世紀のゴート人史家ヨルダーネスによると、四世紀後半の東ゴートの王エルマナリクス(エルマナリヒ)(イェルムンレク)は、フン族の攻撃が迫ったとき、ソロモーン候の裏切りに会い、その見せしめに候の夫人スニルダを荒馬の馬蹄にかけ殺した。姉スニルダの仇を討つため、サールスとハミウス(アンミウス)兄弟が王を襲い重傷を負った、という。この話がのちにドイツへ伝わるうちにニーベルンゲン伝説圏と結びつき、殺されたスニルダ(スヴァンヒルド)がシグルズグズルーンの娘であった、という風に改作された[1]
  • ゴートの王。グズルーンの娘スヴァンヒルドと結婚したが、ビッキの中傷を信じ、息子のランドヴェールを絞首刑にし、スヴァンヒルドを馬蹄にかけて殺す[1]

登場する文献と役割

シグルズの短い歌

  • 災いを起こすために生きているといわれる[1]

グリーンランドのアトリの詩

グズルーンの扇動

ハムジルの歌

ヒュンドラの歌

詩語法

ケニング

参考文献

公開日:2019/02/08 17:21:55

最終更新日:2022/07/23 18:39:02

カテゴリー: 人名

タグ: