ヘイズルーン(ヘイドルン)

Heiðrún[12][13]
 ― heiðr[3] 荒野、明るい[3]

原典版

概要

登場する文献と役割

グリームニルの歌

ヒュンドラの歌

ギュルヴィたぶらかし

  • 牝山羊の名。ヴァルハラの上におり、レーラズという樹の枝の若芽を食べて乳房から蜜酒を出す。蜜酒は大きな桶をいっぱいにみたすほどあり、戦死者たちが思う存分飲めるほどといわれる[1]

参考文献

公開日:2019/11/27 12:00:32

最終更新日:2022/03/17 12:55:04

カテゴリー: 動物名