ミーミル

Mímir[1][3][13] / Mímr 考える人[1]、思惟者[3] [男][3]

原典版

概要

巫女の予言

  • ミーミルの泉の中に、オーディンの片眼が隠されている[1]
  • 毎朝、戦の父(オーディン)の担保から蜜酒を飲む[1][4]
     ― 「af veði Valföðrs(戦士の父の担保より)」とは何か?
  • ラグナロク直前に、ミーミルの息子らが登場する[1]
     ― 「leika Míms synir(ミーミルの息子らは戯れ(忙しく行きかい))」とは何か? (leika 遊ぶ)[3]
    • 巨人?小川?風?[1]
    • 泉、河、あるいは波?:ミュレンホフの解釈[4]
    • 巨人どもが動き出す(騒然となる):ホルツマーク、デッターの解釈[4]
    • ゆらゆらとせわしなく動き出した河:ゲーリングの解釈[4]
    • わからない:ホルム=オールセンの判断[4]
    • 「leika」を西ゴートランド島の方言「leka」(料理する、醸造する)と読み、「ミーミルの息子らがビールの醸造をする。(そのとき世界樹に火が付く)」:ピッピングの解釈[4]

シグルドリーヴァの歌

  • フロプト(オーディンの別名)に、ルーンでしるされた真の知恵を告げた[1]

ギュルヴィたぶらかし

  • 霜の巨人のいるところに向かって生えているユグドラシルの根元にミーミルの泉があり、知恵と知識が隠されている[1]
  • ミーミルの泉の持ち主はミーミルで、彼は泉の水をギャラルホルンという角杯で飲んだため知恵者になった[1]
  • ミーミルの泉を一口飲ませてもらうため、オーディンは片眼を抵当に差し出した[1]

デンマーク人の事績

  • ミミングスという名で登場[1]

ミーミルの名に関連するケニング

    オーディンを表すケニング

    • Míms vinr[9] ミーミルの友[2] (vinr 友人 [男])[3]
  • Míms ミーミルの
  • Míms höfuð[4] ミーミルの頭。最深の知識の源泉に対する象徴的表現[4] (hǫfuð 頭、首 [中] 英語のheadに相当)[3]
  • [1] 谷口幸男(1973)『エッダ―古代北欧歌謡集』新潮社
  • [2] 谷口幸男(1983)「スノリ『エッダ』「詩語法」訳注」『広島大学文学部紀要』(特輯号第43巻3号)p.1~122,広島大学文学部
  • [3] 下宮忠雄・金子貞雄(2006)『古アイスランド語入門―序説・文法・テキスト・訳注・語彙』大学書林
  • [4] 尾崎和彦(1994)『北欧神話・宇宙論の基礎構造―『巫女の予言』の秘文を解く (明治大学人文科学研究所叢書)』白凰社
  • [9] Guðni Jónsson (ed.), Eddukvaeði,Íslendingasagnaútgáfan (1954) (http://www.heimskringla.no/wiki/Skáldskaparmál)2018年3月30日アクセス.
  • [13] Gustav Neckel(1983)『Edda. Die Lieder des Codex regius nebst verwandten Denkmaelern 01. Text』Universitaetsverlag Winter; 5., verbesserte Auflage.

コミック版

ヴァクヴィリの伯父。
霜の巨人族の老賢者として、ヴァクらに知恵を授ける。

オーディンヘーニルの伯父。
常にオーディンの傍らに立ち、有用な助言を与える。
未来の出来事を感じ取る『予知』能力を持つ。

公開日:2018/02/16

最終更新日:2020/01/14

カテゴリー: 人名