ハーエイ(ハー)

[2][16]、Háey[9][16](ハーエイ[2]、ハー[16]
 ― ey[3] 島[3] [女][3]

原典版

概要

登場する文献と役割

詩語法

ソルリの話とヘジンとホグニのサガ

  • ヘジンホグニが戦いあうこととなった島の名。それからこの島では見張りの者が夜な夜な姿を消してしまうという出来事が起こっていたが、オーラーヴ王が支配の初年にこの島に寄り一晩錨をおろし、<光の>イーヴァルを夜の見張りに立てたところ、ヘジンの求めに応じたイーヴァルの手により、ヘジンホグニの140と3年の年月の長きにわたる戦いに終止符が打たれた。その後この島では、二度と見張人が行方不明になることはなかったという[16]

参考文献