フヴェルゲルミル

Hvergelmir[1][3] 沸き立つ鍋[1]、あわ立つ釜[3] [男][3]
 ― hverr[3] 熱泉、温泉[3] [男][3]

原典版

概要

  • 霧の国の泉[3]

登場する文献と役割

グリームニルの歌

  • 牝鹿エイクスュルニルの角から雫が滴りおちる泉の名。この泉から全ての川が流れ出しているといわれる[1]

ギュルヴィたぶらかし

  • ニヴルヘイムの真ん中にある泉の名。そこからさまざまな名の川が流れているという[1]
  • ユグドラシルを支える三つの根のうちの一つはニヴルヘイムに伸びているが、その根の下にはフヴェルゲルミルがいてニーズヘグが下からその根をかじっている[1]
    ※この箇所は、[1]ではフヴェルゲルミルを人物のように扱っており、原文もokそして undir下に(いる、ある) (中略) er彼、またはそれ Hvergelmirフヴェルゲルミルとなっており、この箇所だけで見れば人物名と受け取ることはできる。が、数節前ではフヴェルゲルミルは泉の名前として出ているため、フヴェルゲルミルがあり、と訳すほうがスムーズであるように思われる
  • 誰も数え上げることができないほどたくさんの蛇がニーズへグと一緒にフヴェルゲルミルにいて、ユグドラシルの根を噛んでいる[1]

フヴェルゲルミルから流れ出る川の一覧

※巫女の予言で記載される名称は、ギュルヴィたぶらかしで記載される名称はで記載

宝の周りを流れている川

  • Víð[1][13](ヴィーズ[1]) 幅広きもの[1] (víða 広く [副] 英語のwideに相当)[3](víðr 広い [形])[3]
  • Vin[1][13](ヴィン[1]) 牧場?語義不明[1]
  • Eikin[1][13](エイキン[1]) 荒れ狂うもの[1]
  • Gipul[1][13](ギプル[1]) 吼ゆるもの、口をあけるもの。ゲプルの同義語[1] (gapa 口を(ぽっかり)開ける)[3](geyja 吠える)[3]
  • Gráð[1][13]グラーズ[1]
  • Gunnþró[1][13](グンスロー[1]) Gunnþrá[12](グンスラー[1]) 戦にはやるもの[1] (gunnr 戦い [女])[3](Þrór 促進者)[1]
  • Gunnþorin[1][13](グンソリン[1]) 戦にはやるもの[1] (Þorinn 無鉄砲者)[1]
  • Geirvimul[1][13](ゲイルヴィムル[1]) 槍の密集するもの[1] (geirr 槍 [男])[3]
  • Gǫpul[1][13](ゲプル[1]) 吼ゆるもの、口をあけるもの。ギプルの同義語[1]
  • Gǫmul[1][13](ゲムル[1]) 古い河床[1] (gamall 老いた、古い [形])[3]
  • Síð[1][13](シーズ[1]) ゆっくりしたもの[1]
  • Svǫl[1][13]スヴェル[1]) Svöl[12](スヴァル[1]) 冷たきもの[1] (svalr 冷たい [形])[3]
  • Þyn[1][13](スュン[1]) たぎるもの[1]
  • Sœkin[1][13](セーキン[1]) 急ぎ進むもの[1]
  • Þǫll[1][13](セル[1]) ふくれるもの[1]
  • Fimbulþul[1][12][13](フィムブルスル[1]) 激しく沸きかえるもの[1] (fimbul 恐ろしい)[3]
  • Fiǫrm[1]、Fiorm[13]、Fjörm[12](フィヨルム[1]) せっかちもの[1]
  • Hǫll[1][13](ヘル[1]) 斜めに落ちるもの[1]
  • Rín[1][13](リーン[1]) ライン河[1]
  • Rennandi[1][13](レナンディ[1]) 走るもの[1] (renna 走る [自])[3]

人間たちの近くを流れ、やがてヘルに注ぎ入れる川

トールがユグドラシルのもとへ判決を下しに行くときに渡る川

  • Ǫrmt[1][13]、Örmt[12](エルムト[1]) 支流(腕)に分かれるもの[1]
  • Kǫrmt[1][13]、Körmt[12](ケルムト[1]) 守り?[1]
  • Kerlaug[1]、Kerlaugar[12](ケルラウグ[1]) 行水?[1] (laug 入浴、温泉 [女])[3]

参考文献

公開日:2019/05/07 11:45:26

最終更新日:2021/06/24 12:21:08

カテゴリー: 地名