アースガルド(アスガルド)

Ásgarðr[3] 神の園[3]、神の国[3] [男][3]
 ― áss[3] アース神族[3] [男][3]
 ― garðr[3] 囲い地、中庭、家、城、町[3] [男][3]

原典版

アースガルドに関連するケニング

    トールを表すケニング

  • [2] 谷口幸男(1983)「スノリ『エッダ』「詩語法」訳注」『広島大学文学部紀要』(特輯号第43巻3号)p.1~122,広島大学文学部
  • [3] 下宮忠雄・金子貞雄(2006)『古アイスランド語入門―序説・文法・テキスト・訳注・語彙』大学書林
  • [9] Guðni Jónsson (ed.), Eddukvaeði,Íslendingasagnaútgáfan (1954) (http://www.heimskringla.no/wiki/Skáldskaparmál)2018年3月30日アクセス.

コミック版

ユミルの血の洪水によって新生した世界に現れた大地のなかで、オーディン率いるアース神族の影響力の及ぶ領地のこと。
アースガルドの外部には未開の土地が広がっており、多くの巨人族らが住んでいるとされる。

公開日:2018/03/25

最終更新日:2020/01/14

カテゴリー: 地名