アースガルド(アスガルド、アースガルズ)

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

ケニング

参考文献

新釈北欧神話版


※当記事には『新釈北欧神話』におけるネタバレが反転して記載されています


Ásgarðr[3][16](アースガルド[25]、アースガルズ[1][2][16][18]、アスガルド[3][15]) 神の園[3]、神の国[3] [男][3]
 ― áss[3] アース神族[3] [男][3]
 ― garðr[3] 囲い地、中庭、家、城、町[3] [男][3] 英語のgardenに相当[3]

原典版

概要

ヒュミルの歌

ロキの口論

  • Ása garðrの記述でみられる[13]

スリュムの歌

ギュルヴィたぶらかし

ユングリンガサガ

ソルリの話とヘジンとホグニのサガ

アースガルドに関連するケニング

    トールを表すケニング
    • verjandi Ásgarðs[9] アースガルズの守護者[2] (verja[12] 守る[6]

参考文献


新釈北欧神話版

第一章

ユミルの血の洪水によって新生した世界に現れた大地のなかで、オーディン率いるアース神族の影響力の及ぶ領地のこと。
アースガルドの外部には未開の土地が広がっており、多くの巨人族らが住んでいるとされる。


新釈北欧神話での登場エピソード一覧(Amazonに飛びます)