世界樹せかいじゅ

Yggdrasill[13]

オリジナル版

概要

  • あらゆる樹のうち最も大きいもので、三つの根をヘル、巨人の国人間界に張っている[1]
  • 巫女の予言におけるmjǫt-viðr(世界樹)はYggdrasillと同じと考えて差し支えない[1]

登場する文献と役割

巫女の予言

  • トネリコの大樹。谷に降りる露は、この大樹からきている[1]
  • 太古から存在し、九つの世界、九つの根を地の下に張りめぐらせている[1]
  • この樹の下にある海(あるいは館?)から、ウルドヴェルダンディスクルドの三人の物織りの娘がやってきて人の子らに運命を告げる[1]

ケニング

  • 大地はしばみ[2]

参考文献

コミック版

第一章

新世界の中心にそびえ立つ大樹。
アースガルドに向かって伸びた根の先には、巫女が住まうウルダブルンがあるとされる。

公開日:2019/02/03

最終更新日:2019/10/30

カテゴリー: その他