グルヴェイグ

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

参考文献

新釈北欧神話版


※当記事には『新釈北欧神話』におけるネタバレが反転して記載されています


Gullveig[1][3](グルヴェイグ[1]) 黄金の飲み物[1]、黄金の戦い[1]、金の力[3] [女][3]
 ― gull[3] 金、黄金[3] [中][3] 英語のgoldに相当[3]
 ― veig[1][13] 強者[1]、酔わす飲み物[1]ヴァンル神の間での麦酒の呼び方[1]

原典版

概要

巫女の予言

  • 神々が槍でグルヴェイグを突き、ハールの館で焼いたときがこの世での戦の始まりとされる。グルヴェイグは三度焼かれても三度生まれ変わり、何度も繰り返したがまだ生きているという[1]
  • どこへ行ってもヘイズ(Heiðr[1]。光り輝く者。魔法使いや魔女の名によく見られる[1])と呼ばれ、魔法を使って人の心をたぶらかした[1] (Heiðr ヘイド Gullveigの異名。輝く者の意 [女])[3]

新釈北欧神話版

ヴァン神族の女王。
一卵性の三つ子で、左が末妹のグルヴォンド、右が次妹のグルヴァーグといい、三人で協力しヴァンの民を導く。

 ― vágr[9] ヴァーグ[1][2] 波立つ潮[1] ヴァンル神たちの間での海の呼び方[1]
 ― vǫndr ヴェンド[1] 藪[1] :ヴァンル神たちの間での森の呼び方[1]

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)