リンゴ

– 目次 –

原典版

登場する文献と役割

ケニング

参考文献

新釈北欧神話版


epli[12]

原典版

スキールニルの旅

  • フレイの代わりにゲルドに求婚しに行ったスキールニルがリンゴを差し出したが、断られる[1]
     →ここではepli ellifo[1][13](リンゴを十一)とあるが、これはepli elle-lyf(若返りのリンゴ)の書き誤りではないかという説がある[1] (ellifu 11 [数])[3](elli 年齢)[3]

ギュルヴィたぶらかし

  • 神々が年取ったときに食べなければならないリンゴ。トネリコの箱にしまわれており、イズンが見張りをしている。これを食べると、神々はみな若返って、ラグナレクまで年を取らないでいられるという[1]

詩語法

リンゴに関連するケニング

    イドゥンを表すケニング
    • gætandi eplanna[9] リンゴの保管者[2] (gæta 守る、大切にする)[3]

新釈北欧神話版

食べたものに不老をもたらすとされるリンゴ。
アールヴヘイムにのみ生育する特殊な果物で、妖精とは共生関係にある。
その正体は特殊な魔素のかたまりで、適量を定期摂取することで肉体の老いを防ぐことができるといわれている。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)