ラグナロク(ラグナロック)

ragna rǫk[3]、ragna røkr[1]、ragnarøkkr[3]、ragna rǫcr[13] 神々の運命[3]、神々の黄昏(たそがれ)[1][3]、twilight of gods[3]、Götterdämmerung[1][3]
 ― ragna[3] regin(神、神々)の属格複数形[3]
 ― rǫk[3] 運命[3]

原典版

概要

  • 元来、ラグナロクとは神々の運命という意で、神々の滅亡を意味する言葉だった。これが語源俗解により神々のたそがれとされ、スノリがそれを採用、ワグナーが楽劇で定着させた[1]
  • 古いゲルマンの世界の滅亡。古代ゲルマンの神々が滅び、キリスト教の世界が誕生する[3]

巫女の予言

  • 巫女が見た、これから先神々に起こるむごい運命のこと[1]

ロキの口論

  • regin[3] 神[3] [中][3]
  • regin(中性複数形)[3] 神々[3] 原義:支配者たち[3]
  • 人名のReinhard(ラインハルト=神のごとく強い者)、Reynard、Renardの由来となった[3]
  • regindómr[3] 神の裁き[3] [男][3]

新釈北欧神話版

ノルンオーディンに告げた滅びの未来のこと。
『三年続く恐ろしき冬の後
三匹の怪物と邪悪な巨人族が攻め来たりて
世界を炎で焼き尽くす』
とされるが、詳細は不明。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)

用語を元ネタに用いた作品の一例

公開日:2019/06/10

最終更新日:2020/07/09

カテゴリー: その他