ロキ

Loki[1][3][9][13] 閉じる者[1]、終える者[1] [男][3]

原典版

概要

  • 神々の世界に難事を持ち込んでは火消し役をつとめさせられる、神々の中のメフィストといえる[1]
  • 死の神(O・ショーニング、H・シュック、F・R・シュレーダー)[1]
  • 文化英雄(フォン・デル・ライエン、A・オルリク・Mカロック)[1]
  • キリスト教のルチファルの北欧形態(S・ブッゲ)[1]
  • 世界の終末をもたらす神(W・ゴルター、E・モーク、F・ヨーンソン)[1]
  • logi(火)に関連づけて、火の神、天の火、稲妻に関連がある(V・リュドベルイ)[1]
  • 夏の暑熱、かまどの火、火山の火に関連がある(E・H・マイヤー)[1]

ロキの口論

詩語法

  • Hveðrungr[3] フヴェズルング[1] [男][3]
  • Loptr[1][13](ロプト[1]) 大きく成長したもの[1]
  • lúka[3] 閉じる[3] 英語のlockに相当[3]

新釈北欧神話版

ヴェーの項参照

オーディンヘーニルの義兄弟。両性具有の少年。
明るく人懐っこい性格とその中性的な見た目から、男女問わず多くの住民に愛されている。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)

用語を元ネタに用いた作品の一例

公開日:2018/03/26

最終更新日:2020/07/09

カテゴリー: 人名