ロキ

Loki[1][3][9][13] 閉じる者[1]、終える者[1] [男][3]

原典版

概要

  • 死の神(O・ショーニング、H・シュック、F・R・シュレーダー)[1]
  • 文化英雄(フォン・デル・ライエン、A・オルリク・Mカロック)[1]
  • キリスト教のルチファルの北欧形態(S・ブッゲ)[1]
  • 世界の終末をもたらす神(W・ゴルター、E・モーク、F・ヨーンソン)[1]
  • logi(火)に関連づけて、火の神、天の火、稲妻に関連がある(V・リュドベルイ)[1]
  • 夏の暑熱、かまどの火、火山の火に関連がある(E・H・マイヤー)[1]
  • 神々の世界に難事を持ち込んでは火消し役をつとめさせられる、神々の中のメフィスト[1]

ヒュミルの歌

  • トールの山羊の足がびっこになった原因として名があげられる[1]
    ※↑の原因は、ギュルヴィたぶらかしではシャールヴィだとされている

ロキの口論

ヒュンドラの歌

詩語法

  • 裁き手となる十二名のアースに数えられる。エーギルをもてなす酒宴の席に参加する[2]
  • 空中や海上を走れる靴を持つ[2]

ロキ、ローズル共に火と関連があり、さらに詩語法ではオーディンヘーニルローズルではなくオーディンヘーニル・ロキで三幅対を成していることから、ローズルと同一視されることが非常に多いが、一方で否定的な意見もある[1][4]

同一視に賛成の意見

  • ローズルとロキは本質的に同一の神であり、世界の始まりから終わりにかけての時間推移の中で生じたオーディンとの関係性によって、ローズル(生命を呼び覚まし、生育する力)とロキ(生命を破壊・絶滅させる感性)の二神に分裂した:ペターセンの解釈[4]
  • ルーン文字のLuhþurar(火をもたらす者)はLóðurrの語源である:オルリックの解釈[4]
  • LokiはLoþtrあるいはLóðurrの短縮形である:ヨーハネッソンの解釈[4]
  • 「狡猾な者」を意味するルーン文字LogaþoreとLóðurrを結びつけ、さらに狡猾な者はロキ以外に無いということから、ロキという名はLogaþore、つまりLóðurrの短縮形である:E・A・フィリップソンの解釈[4]

同一視に反対の意見

  • もともとロキとローズルは別個の神であり、ロキがその地位と役割を吸収し、ロキ本来の悪の性格と、ローズル由来の善なる性格を併せ持つようになった。また、人間に熱を与える行為から、ローズルは朝の光の神であるヘイムダルと同じ神と見なすべき:ブランストンの解釈[4]
  • 否定的、あるいは根拠が不足している:デ・フリース、デヴィッドソン女史の解釈[4]

その他の意見

  • Lóðurrの古形をLoðverr(verr 夫、男 [男])[3]と見なし、さらにこれを多産豊穣の女神Loðkona(kona 女 [女] 英語のqueenに相当)[3]に対応する男神の名であるとし、ローズルは豊穣の神であると考える:J・サールグレン、ホルツマーク女史の解釈[4] 
  • Hveðrungr[3] フヴェズルング[1] [男][3]
  • Loptr[1][13](ロプト[1]) 大きく成長したもの[1]
  • lúka[3] 閉じる[3] 英語のlockに相当[3]

新釈北欧神話版

ヴェーの項参照

オーディンヘーニルの義兄弟。両性具有の少年。
明るく人懐っこい性格とその中性的な見た目から、男女問わず多くの住民に愛されている。

登場する話数を無料漫画で読む(Amazonに飛びます)

用語を元ネタに用いた作品の一例