ベルゲルミル

Bergelmir[1][13] 熊のように吼えるもの[1]、山中で叫ぶもの[1]
 ― bjarg[3] 岩、断崖、山[3] [中][3] (ドイツ語のBergに相当)[3]
 ― berg[3] 岩[3] [中][3]
 ― garmr[3] 吼えるもの[3] [男][3]

原典版

登場する文献と役割

ヴァフズルードニルの歌

  • 巨人ユミルの一族で、スルードゲルミルの息子。アウルゲルミルの孫[1]
  • ヴァフズルードニルが覚えている一番昔の事は、賢い巨人ベルゲルミルが碾き臼(lútr)の台の上に置かれていたことだという。(lútrには角笛の意もあり、また棺とする説もあるが、どれも疑問が残る)[1]

ギュルヴィたぶらかし

  • オーディンら三兄弟がユミルを殺したときにあふれ出た血の洪水から、妻と共に唯一生き残った霜の巨人族。碾き臼の台の上に乗ったことで難を逃れた。彼らから新しい霜の巨人が由来する[1]

参考文献

  • [1] 谷口幸男(1973)『エッダ―古代北欧歌謡集』新潮社
  • [3] 下宮忠雄・金子貞雄(2006)『古アイスランド語入門―序説・文法・テキスト・訳注・語彙』大学書林
  • [13] Gustav Neckel(1983)『Edda. Die Lieder des Codex regius nebst verwandten Denkmaelern 01. Text』Universitaetsverlag Winter; 5., verbesserte Auflage.

コミック版

序章

ヴァクヴィリの異父兄弟。霜の巨人族
強い魔力を持ち、いつもヴァクらをいじめている。

公開日:2018/02/14

最終更新日:2019/12/04

カテゴリー: 人名