オーディン(オージン)

Óðinn[3][9][13] [男][3]

原典版

概要

  • 北欧神話の主神、万物の父[3]
  • 軍神であり、死者の神でもある[1]
  • 戦場で名誉の死を遂げた勇士を、ヴァルキューレを使ってヴァルハラへ召し上げる[1]
  • はじめ、スカンジナヴィアの農民の間でトールが主に崇拝されていた。その後ライン河畔から発したオーディン崇拝が戦士や貴族階級を中心に北に広がり、やがてトールはオーディンの子となった[1]

巫女の予言

  • 巫女に対して、過去の出来事を語るように要求する[1]
    =その語らせた内容が、『巫女の予言』である
  • アスクエムブラに息を与えた[1]

オーディンの箴言しんげん

  • ロッドファーヴニルに対して様々な忠告を行う[1]
    =その忠告の内容が、『オーディンの箴言しんげん』である
  • グンロズの家で、記憶を失うほどに酔ったことがある[1]
  • 賢者フィアラルのところでも酔ってへべれけになった[1]
  • 巨人ビリングの娘がたいそう美しかったため誘惑しようとしたが、結局ものにできなかった[1]

グリームニルの歌

  • アグナルゲイルロズが兄弟で釣りに行って船が難破した際、小作人の男に変装しゲイルロズを拾って養子に育てた。その後、同じくアグナルを拾って養子にしていたフリッグと互いの養子のどちらが優れているかを言い合った末、黒いマントを羽織って変装し、グリームニルと名乗り、王となったゲイルロズの元へ訪れる。しかし事前にフリッグから忠告を受けていたゲイルロズに捕らえられ、拷問を受けてしまう。みかねた王の息子アグナルに角杯を手渡され、かわりに祝福を与える[1]
    =その際に語った様々な物の名前や知識が、『グリームニルの歌』の主な内容である
  • オーディンは葡萄酒だけで生きている[1]
  • アース神のうち最高のもの[1]

フンディング殺しのヘルギの歌Ⅱ

詩語法

  • Atríðr[1][13](アトリーズ[1]) 馬に乗って突進するもの[1] (ríða 馬で行く 英語のrideに相当)[3]
  • Aldafǫðr[13](アルダフェズル[1]) 神々の父[1]、人々の父[2] (aldaはǫld(時代、人類)の属格複数形)[3] (faðir 父)[3]
  • Alfǫðr[1]、Alföðr[9]、All-fǫðr[3] (アルファズル[1]、アルフォズ[2]) 万物の父[1] [男][3] (allr すべての [代])[3]
  • Iálcr[1]、Iárc[13](イヤールク[1]) 顔をかえることのできるもの[1] アースムンドのところでの名、また神々のところでの名[1]
  • Váfuðr[1][13](ヴァーヴズ[1]) さすらうもの[1]、揺れるもの[1] 神々のところでの名[1] アルヴィースの歌におけるアース神の間でのの呼び方と同じ
  • Vacr[1][13]ヴァク[1]) 神々のところでの名[1]
  • Valfǫðr[1][3][13]、Valfaðir[3](ヴァルファズル[1]) 戦死者の父[1]、戦士の父[1]
  • Viðurr[1][13](ヴィズル[1][2] 滅ぼす者[1]) 戦場での名[1]
  • ヴィズリル[1][2]
  • Veratýr[1][13](ヴェラチュール[1]) 人間の神[1] (týr 神)[3]
  • Uðr[1][13](ウズ[1]) 波[1] エーギルの娘たちの中に同名の人物がいる
  • Ofnir[13] オヴニル[1] 輪を作るもの[1] 神々のところでの名[1] ユグドラシルの根を噛む蛇に同名のものがいる
  • Ósci[1][13](オースキ[1][2]) 望むもの[1] 神々のところでの名[1]
  • Ómi[1][13](オーミ[1]) 最高のもの 神々のところでの名[1]

  • Gautr[1][13](ガウト[1][2]) 生贄に決められたもの[1] 神々のところでの名[1]
  • Gagnráðr[1][13](ガグンラーズ[1]) 勝利を決める者[1] 物識り巨人ヴァフズルードニルの館で名乗った名[1]
  • Gangleri[1][3][13](ガングレリ[1]) 旅路に疲れたもの[1] [男][3] (ganga 歩く、行く)[3]
     ― (Snorriのエッダの中で)伝説上のスウェーデンの王Gylfi[歩行者?][3]
  • Kialar[1][13](キャラル[1][2]) 船人[1] そりを引くときの名[1] (kjóll 船 [男])[3]
  • Glapsviðr[1][13](グラプスヴィズ[1]) 誘惑に長じたもの[1] (glepja 誘惑する)[3]
  • Grímr[1][13](グリーム[1]) 兜をかぶれるもの[1] 蛇の同義語に同じ名がある
  • Grímnir[1][13](グリームニル[1][2]) 仮面をかぶる者[1] ゲイルロド王の館で名乗った名[1]
  • Gǫndlir[1][13](ゲンドリル[1]) 魔法の心得あるもの[1] 神々のところでの名[1] (gandr 魔法の杖、魔法 [男])[3]

  • Saðr[1][13](サズ[1]) 真実のもの[1]
  • Sanngetall[1][13](サンゲタル[1]) 真実をおしはかるもの[1] (sannliga まことに、真に [副])[3]
  • sig-Týr[9] 勝利のテュール[2] (sigr 勝利 [男])[3] (týr 神)[3]
  • Sigfǫðr[1][13]、Sigfaðir[3](シグフェズル[1]) 戦の父[1]、勝利の父[3] [男][3](faðir 父)[3]
  • シーズグラニ[1]
  • Síðsceggr[1][13](シーズスケッグ[1]) 長髭のもの[1]
  • Síðhǫttr[1][13](シーズヘト[1]) 目深に帽子をかぶったもの[1]
  • Sváfnir[13] スヴァーヴニル[1] 眠らせるもの[1] 神々のところでの名[1] ユグドラシルの根を噛む蛇に同名のものがいる
  • Sviður[1]、Sviðurr[13](スヴィズル[1]) 槍をもつもの[1] セックミーミルのところでの名[1]
  • Sviðrir[1][13](スヴィズリル[1]) 槍をもつもの[1] セックミーミルのところでの名[1]
  • Svipall[1][13](スヴィパル[1]) 姿をかえるもの[1]
  • Scilfingr[1][13](スキルヴィング[1]) 高座につくもの[1] 神々のところでの名[1]
  • Þriði[1][3][13](スリジ[1][2]) 第三のもの[1]、第3の[3] [形][3]
  • Þrór[1][13](スロール[1]) 促進者[1]、実り豊かな者[1] 民会での名[1] 同名の小人がいる
  • Þundr[1][13]スンド[1]) わきかえるもの、海?[1] 神々のところでの名[1] 同名の川がある
  • Þeccr[13](セック[1]) 気持ちよい者[1] 同名の小人の名がいる

  • ハーヴィ[1] 高き者[1]
  • Hár[1][3][13](ハール[1][2]) 片眼のもの[1]、片眼の英雄[1] [男][3] (hár 高い 英語のhighに相当 高い者=the High One)[3] (hár 髪 英語のhairに相当)[3] 同名の小人がいる
  • Hárr[1](ハール[1][2]) 白髪の老人[1]、白髪の人[3] [男][3]
  • Hárbarðr[1][13](ハールバルズ[1]) 灰色の髭[1] 神々のところでの名[1] (barð 草地 口の上の髭の同義語 [中])[3]
  • Báleygr[1][13](バーレイグ[1][2]) 焔の眼をせるもの[1] (Leygr[9] 火の同義語[2]
  • hanga-Týr[9](ハンガテュール) 吊されたテュール[2]、吊されし神[2] (týr 神)[3]
  • ハンギ[2]
  • Hiálmberi[1][13](ヒァールムベリ[1]) 兜をつけるもの[1]
  • Biflindi[1][13](ビヴリンディ[1]) 楯をふりまわすもの[1] 神々のところでの名[1]
  • Bileygr[1][13](ビレイグ[1]) 片眼を欠くもの[1]
  • Farmatýr[1][13]、farma-Týr[9](ファルマチュール[1]) 船荷の神[1]、船荷神テュール[2]、荷のテュール[2] (far[9] 船[2]
  • Fiǫlsviðr[1]、Fiolsviðr[13](フィヨルスヴィズ[1]) 途方もなく賢いもの[1]
  • Fiǫlnir[1]、Fiolnir[13]フィヨルニル[1][10]) (蜜酒を)隠すもの、守るもの[1]
  • Fimbultyr[1](フィムブルテュール[1]) 偉大で崇高な神[1] [男][3] (fimbul 恐ろしい)[3]
  • Hnicarr[1][13](フニカル[1]) 突くもの[1]
  • Hnicuðr[1][13](フニクズル[1]) 突くもの[1]
  • フリムニル[2]
  • Blindr[1](ブリンド[1]) 盲目[1] フンディング殺しのヘルギの歌Ⅱに登場。ヨハネソンによれば、オーディンのこととされる[1]
  • Hroptatýr[13](フロプタテュール[2]、フロプタチュール[1]) 神々のところでの名[1]
  • Hroptr[1][13]、Hróptr[3](フロプト[1][2]) 叫ぶ者、語る者[1]、魔術を行う者[3] [男][3]
  • Herjann[1][3]、Herian[13](ヘリアン[1]) 軍勢の王[1][2] 軍隊の長、将軍[3] [男][3]
  • ヘルガウト[2]
  • Herteitr[1][13](ヘルテイト[1]) 軍勢の名で快く感じるもの[1] (teitr 陽気な [形])[3]
  • Helblindi[1][13]ヘルブリンディ[1]
  • Heriafǫðr[13]、Herfǫðr[3]、Herjafǫðr[3](ヘルヤフェズル[1]) 軍勢の父[1] [男][3]
  • Bölverkr[9]、Bǫlvercr[13](ボルヴェルク[2]、ベルヴェルク[1]) 禍いを引きおこす者[1] 巨人バウギの元で働いた時に名乗った名[2] (bǫl böl 悪、害 [中])[3]

  • Iafnhár[1][13]、Jafnhár[3](ヤヴンハール[1]) 同じように高きもの[1]、等高[3] [男][3] 神々のところでの名[1] (英語のeven highに相当)[3]
  • Yggr[1][3][9][13](ユッグ[1][2]) 恐ろしき者[1] 神々のところでの名[1]
  • Yggiungr[3] [男][3]
  • reiðar-Týr[9] 車のテュール[2] (týr 神)[3]
  • ログニル[2]

オーディンの名に関連するケニング

    アース神族を表すケニング

    • オーディンの下僕[2]

    ヘーニルを表すケニング

    • sessa Óðins[9] オーディンの食卓の友[2] (sessi[9] 同席者[2] 仲間の同義語[2]
    • sinna Óðins[9] オーディンの道づれ[2] (sinni 仲間 [男])[3]
    • mála Óðins[9] オーディンの話し相手[2] (mála[9] 話し相手[2])(mál ことば、事柄、契約 [中])[3]

    ロキを表すケニング

    トールを表すケニング

    • オーディンの子[2]
    • son Óðins ok Jarðar[9] オーディンとヨルズの子[2] (sonr 息子)[3]

    テュールを表すケニング

    • son Óðins[9] オーディンの子[2]

    ホドを表すケニング

    • son Óðins[9] オーディンの子[2]

    ヨルドを表すケニング

    • kona Óðins[9] オーディンの妻[2] (kona 女 [女] 英語のqueenに相当)[3]
    • brúði Óðins[9] オーディンの花嫁[2] (brúðr[3][9] 花嫁[2][3] [女][3] (brideに相当)[3]
    • オーディンのいとしき者[2]

    剣を表すケニング

    • 【単】Óðins eldr[9]、【複】Óðins eldar[9] オーディンの火[2] (eldr[13] 火[1]
    • オーディンの鎌[2]

    兜を表すケニング

    • オーディンの帽子[2]

    鷲や鴉を表すケニング

    • オーディンの白馬[2]
    • オーディンの鵞鳥[2]
    • オーディンの貪欲な鷹[1]

    狼を表すケニング

    • オーディンの犬[1]
    • オーディンの馬[2]

    戦いを表すケニング

    • veðr herkonunga[9] 軍勢の王の嵐[2] (Veðr[3][9] 天気、風[3] 英語のweatherに相当[3] [中][3])(konungr 王 [男] 英語のkingに相当)[3]
    • veðr Óðins[9] オーディンの嵐[2]
    • Yggjar él[10] ユッグの嵐
    • オーディンの雪嵐[2]
    • オーディンの集会[2]
    • Yggjar leikr[10] ユッグのたわむれ[10] (leika 遊ぶ)[3]
  • [1] 谷口幸男(1973)『エッダ―古代北欧歌謡集』新潮社
  • [2] 谷口幸男(1983)「スノリ『エッダ』「詩語法」訳注」『広島大学文学部紀要』(特輯号第43巻3号)p.1~122,広島大学文学部
  • [3] 下宮忠雄・金子貞雄(2006)『古アイスランド語入門―序説・文法・テキスト・訳注・語彙』大学書林
  • [9] Guðni Jónsson (ed.), Eddukvaeði,Íslendingasagnaútgáfan (1954) (http://www.heimskringla.no/wiki/Skáldskaparmál)2018年3月30日アクセス.
  • [10] 谷口幸男(1983)「スカルド詩人とケニング」『レトリックと文体―東西の修辞法をたずねて』(古田敬一編)p.183~209,丸善
  • [13] Gustav Neckel(1983)『Edda. Die Lieder des Codex regius nebst verwandten Denkmaelern 01. Text』Universitaetsverlag Winter; 5., verbesserte Auflage.

コミック版

野心溢れる、アース神族の若き指導者。滅びの予言を回避する為に奔走する。
高い行動力と決断力を有するが、感情的になりやすい欠点も持つ。

公開日:2018/02/16

最終更新日:2020/01/23

カテゴリー: 人名