シグムンド

Sigmundr[9]

オリジナル版

概要

エイリミ
 |
ヒョルディース
 |
ヴォルスング(ここから下が、ヴォルスング一族[2]
 |
シグムンド
 |
シグルド、シンフィョトリ
 |
シグムンド、スヴァンヒルド

登場する文献と役割

詩語法

参考文献

公開日:2019/05/02 カテゴリー: 人物